So-net無料ブログ作成
検索選択

高嶋ちさ子さんが息子のゲーム機を破壊したことが話題に [ニュース]

スポンサードリンク




高嶋ちさ子さんが、息子のゲーム機を壊したことが朝刊に載っていたことが話題となっています。
経緯は息子さんがゲームをしてはいけない時間にゲームをしたことが原因でゲーム機を壊され、
さらに弟もチェロの練習をしなかったことでやはり壊されてしまったのだとか。


そして翌週には算数のテストで100点が取れたので尾だんのように紹介されているのですが、
これはDVではないのかとツイッターでの援助を招いてしまいました。


何が正しい教育か?というのに答えは出ませんし、
実際ゲームにリソースを割かれるとそれだけ勉強はしなくなるので、
ゲームを禁止することは成績を上げる上ではある程度効果的でしょう。
ですが、壊してしまうのはどうなのでしょうか?
約束を破ったなら一定期間、ゲーム機をとり上げるなどのやり方もあるはずです。


ツイッターでは、
「将来介護が必要になった時に面倒を見てもらえないのではないか」
「高価なバイオリンを壊されたらどんな気持ちになるのか」
といった言葉が飛び交っていましたが、
おそらくそう言った言葉は高島さんには届かないように思います。


高島さんの生い立ちを見てみると、
知的障害者の姉をいじめから守るため、仕返しをしているうちに気が強く威圧的な性格になったようです。
つまり、物事を解決するために強圧的な態度に出る、というのが高島さんにとってのベストの方法なのでしょう。
同じ方法を息子さんに対して用いているということです。


この投書を載せてしまった東京新聞にも問題が大きいように思います。
息子さんのテストの点数が良くなったのはそのとおりでしょうが、
息子さんとしては高嶋さんが怖くて一生懸命勉強したのでしょう。
恐怖というものは人を動かす上では確かに効果的ではあります。
ですが、この当初を見た母親が、有名人がこうしているのだからと
同じ行為に出てしまうのではないかと心配になります。
やはりこれは美談にしてはいけない話ではないかと思います。


スポンサードリンク



nice!(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。