So-net無料ブログ作成
検索選択

瀬川拓郎『アイヌ学入門』 [日本史]

スポンサードリンク




序章 アイヌとはどのような人びとか(アイヌの人びととの出会い
アイヌの歴史を掘る ほか)
第1章 縄文―一万年の伝統を継ぐ(孤立するアイヌ語
縄文語との関係 ほか)
第2章 交易―沈黙交易とエスニシティ(武者姿のアイヌ
千島アイヌの奇妙な習俗 ほか)
第3章 伝説―古代ローマからアイヌへ(子どもだましの作り話
古代ローマとアイヌ伝説 ほか)
第4章 呪術―行進する人びとと陰陽道(アイヌの呪術と日本
ケガレと行進呪術 ほか)
第5章 疫病―アイヌの疱瘡神と蘇民将来(アイヌ文化の陰影
アイヌ蘇民将来 ほか)
第6章 祭祀―狩猟民と山の神の農耕儀礼(カムイと神
アイヌの祭祀と古代日本 ほか)
第7章 黄金―アイヌは黄金の民だったか(黄金を知らない黄金島の人びと
渡海する和人の金堀りたち ほか)
第8章 現代―アイヌとして生きる(Aさんへのインタビュー
アイヌの開拓団 ほか)


これは去年買った本なのですがまだレビューしていなかったので。


内容としては歴史の本というよりは民俗学の本、という分類になるかと思います。
それぞれの章のトピックはどれも興味深いものなのですが、
とりわけ2章の沈黙交易の話と3章のコロポックルの話、
そして7章のアイヌと金の話が興味深かったです。


コロポックルとはアイヌの小人伝説ですが、
これはもともと古代ローマから日本に伝わり、そしてアイヌに入って伝説となったもので、
神話伝承というものはここまで伝わるものかと驚かされます。
そして小人のモデルはじつは北千島アイヌのことであることも書かれています。


東北市に興味のある方にはぜひ7章は読んで欲しいところです。
これは奥州藤原氏がアイヌとも交流を持っていたという箇所で、
中尊寺金色堂の金になんと北海道の金が使われていた可能性がある、というのです。
北海道の厚真に奥州藤原氏が送り込んだ一団が存在し、
彼らは砂金の採取のために来ていた可能性があるのです。


実はこのことは斉藤利男『平泉 北方王国の夢』の中で読んでいたことですが、
平泉とアイヌとの交流については瀬川さんの見解を元に書かれたのかもしれません。
いずれにせよ、日本とアイヌとの交流についての貴重な記録ですので、
この点だけでもぜひ読んで欲しいところです。


そして8章の内容ですが、アイヌの女性へのインタビューとなっています。
この中で、子供の頃「あなたはアイヌなの?」と聞かれて戸惑っていたところ、
「そうだよね、あなたは頭がいいもんね」と言われたと答えています。
大人は彼女のことを「アイヌなのに頭がいい」と思っていたのですね。
裏返せば、アイヌは頭が悪いという偏見が存在していたということになります。
明治時代にアイヌが受けた差別や生活の苦難についても書かれているので、ここもぜひ読んで欲しいところです。





スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。