So-net無料ブログ作成
検索選択

英雄たちの選択「真田昌幸 戦国サバイバル術~大勝負 第一次上田合戦」 [英雄たちの選択]

スポンサードリンク




今日は第一次上田合戦の回でした。
真田昌幸は上杉→北条→徳川と属する勢力を次々と変えた後、最後には家康から沼田・吾妻の領地の引渡しを求められていましたが、これに昌幸は応じたくありません。この時点で何を選択するかが問題となりました。


この時点での選択は上杉家につくか、徳川について領地を引き渡すか、の二択です。これに関して中野信子さんと島田久仁彦さんは上杉につくという選択をしていました。島田さんは上杉について実質的には秀吉につくというオプションを取れば、豊臣家には譜代の家臣が少ないので大名になるチャンスがあっただろうと説いています。


一方、磯田道史さんと平山優さんは徳川につくという判断でした。磯田さんは兵力から考えて真田側に勝ち目はないと言い、平山さんはこの時点で上杉家は新発田重家の反乱と戦っており、さらに佐々成政にも対処しなければいけないという状況で、上杉についても援軍が来るかわからず、しかも一度上杉毛から離れているので受け入れてくれるかもわからない、と説明していました。


結局、家康が室賀正武を使って昌幸の暗殺を図ったこともあって昌幸は上杉家につくのですが、第一次上田合戦の勝因について平山さんは真田側には地の利があったこと、生き残るために必死で戦ったため士気が高かったこと、徳川方は絶対的な大将がいなかったため和が乱れやすかったことなどを解きました。磯田さんは昌幸は信玄の参謀として働いていた昌幸の有能さや徳川を上回る情報網を持っていたということを解き、「三方ヶ原で一度徳川を破っているのだから今回だって勝てる」と演説したのではないかと言っています。徳川方には旧武田武士もたくさんいて、誰がどう攻めて来るかをあらかじめ知っていたのではないかという説明もしていました。


結果はご存知のとおり真田の大勝利に終わり、徳川方は1300名ほどの損害を出す結果となりました。徳川方では石川数正の出奔という大事件が起こり、戦争の継続どころではなくなってしまい真田家は領土を保つことになりました。


さて、もし真田家が徳川についていたらどうなったのか?について、磯田さんは真田が徳川の味方なら秀忠軍の行軍を邪魔する勢力は存在せず、真田が徳川の先鋒となって戦うので関ヶ原の戦いはとても楽なものになっただろうと言います。平山さんはその場合真田家はあまり有名になることもなく、今ほど名を残すこともなかったのではないかと言っていました。確かにこの選択をした場合、信繁はせいぜい徳川家の一武将として多少の活躍をした程度で、歴史ファンが名前を知っている程度の人物となっていたでしょう。


今回特に印象に残っているのは、平山さんの「昌幸が次々と所属する勢力を変えているのが裏切りに見えるのは大国の論理であって、国衆からすれば自分を守ってくれない勢力から離れるのは当たり前の行動に過ぎない」という言葉です。これは小山田信茂や穴山梅雪の行動にも当てはまることです。彼らも昌幸も、あくまでその時点で最善と信じた行動をとったに過ぎません。昌幸の行動を見ていくことでこうした国衆の生き様がよくわかる、という点が真田家の歴史の面白いところです。


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。