So-net無料ブログ作成

『十字軍大全』第4回十字軍はヴェネツィアが黒幕ではなかった! [ヨーロッパ史]

スポンサードリンク







十字軍全体の流れについて書かれている本で、まずはオーソドックスな内容といっていいと思います。ただ知らなかったことといえば第4回十字軍についての記述です。


一般的には第4回十字軍というのはヴァネツィアの要求によりコンスタンティノープルを占拠したものと考えられているのですが、これは事実ではありません。確かに十字軍側はヴェネツィアに支払う資金が不足していたのですが、ヴェネツィアが十字軍に要求したのはハンガリーの都市ザラの占領だったのです。十字軍側は結局ヴェネツィアの要求に屈し、ザラを占領することになります。


この行為は確かに良港を確保したいヴェネツィアの要求を呑んだものであり、聖地の奪還とイスラムとの戦いという十字軍本来の目的と全く関係ないことなのですが、ヴェネツィアの要求はここまでであり、コンスタンティノープルの占拠まで要求したわけではありません。十字軍がコンスタンティノープルを攻撃するに至ったのは、全く別の事情によります。


この頃ビザンツでは皇帝イサキオス2世がアレクシオス3世に位を奪われるという事件が起こっていました。イサキオスの皇子アレクシオスは、姉が嫁いでいたドイツ王フィリップに身を寄せます。フィリップはアレクシオスをコンスタンティノープルに連れ戻すため十字軍に銀20万マルクを提供すると持ちかけます。十字軍側はこの提案を呑み、コンスタンティノープルへと向かいました。アレクシオス3世は帝都を脱出し、皇子アレクシオスはアレクシオス4世として戴冠することになります。


しかしアレクシオスはビザンツ人からの支持がなかっただけでなく、十字軍への負債を抱えていたため重税を課したりしたためムルツプロスという人物がクーデターを起こし、アレクシオス4世は殺害されてしまいます。ムルツプロスは十字軍と徹底抗戦する構えであったために十字軍と戦争となり、結局コンスタンティノープルは十字軍に制圧されることとなってしまいました。


結局、ヴェネツィアに支払うお金が足りなかったためにドイツ王フィリップの提案に乗ったことがコンスタンティノープルの制圧につながったのであって、これをベネツィアの陰謀と見ることは無理であるということのようです。ただし、ラテン帝国が成立したことでヴェネツィアがピサやジェノヴァを抑え、多大な利益を得ることになったのは事実です。この結果から、ヴェネツィアが第4回十字軍の犯人に仕立て上げられてしまったようです。

にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。