So-net無料ブログ作成
検索選択

やはり「真田幸村」でも良い?真田徹『真田幸村の系譜 直系子孫が語る四〇〇年』 [戦国時代]

スポンサードリンク







真田丸のおかげで真田信繁という名前は定着しつつありますが、その流れの中にあってこの本では「幸村」と書いています。松代藩士である馬場正常が書いた『滋野通記』の中に、真田信之が「弟はもともと信繁と名乗っていたが、高野山蟄居の折に幸村と名を改めている」と語っている部分があるため幸村で良いのではないか、ということです。


これに関しては丸島和洋さんの『真田四代と信繁』では幸村という名の初出は1672年に作られた『難波戦記』という軍記者が最初であるとし、江戸時代の創作であるとしています。『滋野通記』の成立は1695年でこれよりも後なので、真田家で勘違いしたものなのかもしれません。真田徹さんは幕府と松代藩、仙台藩の公式文書で幸村と書かれているのだから当時の流行の通称を用いるとは思えない、と書いていますが、実際どうなのでしょうか。『滋野通記』の記述が信用できるのかどうか、というあたりがもっと知りたいところです。もっとも真田徹さんは幸村か信繁かという論争は不毛だとも書いているのですが。


幸村の子孫といえば幸村の娘である阿梅が片倉重長に預けられたことが有名ですが、いくら有能であるとは言え何故敵である伊達家の武士に娘をあずけたのか?について、徹さんは幸村と伊達家の間に密約があったのではないか、と推測しています。真田家には大阪臣従時代に片倉家と真田家が隣同士であったとする言い伝えがあるそうで、その時代からの交流でいざという時の約束をしていたのかもしれません。


実のところ、本書の内容は仙台藩の幸村の子孫についてかなりのページが割かれており、幕末に西洋砲術の師範となった真田喜平太のこともかなり詳しく書かれています。伊達政宗と幸村との戦いについては「騎馬鉄砲」のことについても触れられていましたが、やはりこの騎馬鉄砲というのは実態がよくわかりませんね。この当時の伊達家の編成は大部分が鉄砲隊だった、ということは確かなようですが……


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。