So-net無料ブログ作成
検索選択

真田信繁3人目の妻・たかは岸井ゆきのさんに決定 [真田丸]

スポンサードリンク




最初の妻である が第一次上田合戦で亡くなり、二番目の妻は大谷吉継の娘である竹林院となる予定ですが、3番目の妻は岸井ゆきのさん演じる「たか」となるようです。史実では隆清院と呼ばれていた人で、豊臣秀次の娘です。NHKの公式サイトには「命を奪われる窮地を脱する」と書かれていますが、本来なら殺されるところだったんでしょうか。真田信繁のwikiにはあくまで側室と書いてあるのですが……


竹林院は松岡茉優さんが演じる予定ですが、竹林院との間には長男である真田大助と次男・真田大八が生まれています。大八は仙台藩に引き取られ片倉守信として仙台真田氏の祖となります。竹林院は九度山に流されていたとき真田紐のアイデアを考えていたとも言われていますが、1649年まで生きているのでたかは妻といってもあくまで側室なのでしょう。


たかを演じる岸井ゆきのさんは1992年生まれ、身長は148センチと小柄です。
東京ガスのCMで、就活に失敗し続ける姿が心が痛むと批判され放映中止になったこともあります。

このCMは私は知らなかったのですが、かなり賛否両論のある内容だったのですね。
いずれにせよ、岸井さんの確かな演技力が伝わってきます。

KANA-BOONのPVも有名です。

ドラマ99.9では加奈子役を演じています。
大河ドラマは初出演なので、今後ブレイクするかもしれませんね。
出番はどれくらいあるかわかりませんが……やはり竹林院以上には目立たないでしょうか?
3番目の妻といっても、信繁の生存中は竹林院はずっと生きていますからね。


隆清院と信繁の間にも子が生まれています。五女のなほは出羽亀田藩の藩主である岩城宣隆に嫁ぎ、三代藩主岩城重隆を産んでいます。岩城重隆は城下町の整備や新田開発に力を入れた名君と言われています。なほは礼儀作法や書など、子には厳しく教育したようですが、岩城重隆が名君となれたのもなほの教育の賜物なのかもしれません。この素質も隆清院から受け継いだものでしょうか。


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。