So-net無料ブログ作成
検索選択
真田丸 ブログトップ

真田信繁3人目の妻・たかは岸井ゆきのさんに決定 [真田丸]

最初の妻である が第一次上田合戦で亡くなり、二番目の妻は大谷吉継の娘である竹林院となる予定ですが、3番目の妻は岸井ゆきのさん演じる「たか」となるようです。史実では隆清院と呼ばれていた人で、豊臣秀次の娘です。NHKの公式サイトには「命を奪われる窮地を脱する」と書かれていますが、本来なら殺されるところだったんでしょうか。真田信繁のwikiにはあくまで側室と書いてあるのですが……


竹林院は松岡茉優さんが演じる予定ですが、竹林院との間には長男である真田大助と次男・真田大八が生まれています。大八は仙台藩に引き取られ片倉守信として仙台真田氏の祖となります。竹林院は九度山に流されていたとき真田紐のアイデアを考えていたとも言われていますが、1649年まで生きているのでたかは妻といってもあくまで側室なのでしょう。


たかを演じる岸井ゆきのさんは1992年生まれ、身長は148センチと小柄です。
東京ガスのCMで、就活に失敗し続ける姿が心が痛むと批判され放映中止になったこともあります。

このCMは私は知らなかったのですが、かなり賛否両論のある内容だったのですね。
いずれにせよ、岸井さんの確かな演技力が伝わってきます。

KANA-BOONのPVも有名です。

ドラマ99.9では加奈子役を演じています。
大河ドラマは初出演なので、今後ブレイクするかもしれませんね。
出番はどれくらいあるかわかりませんが……やはり竹林院以上には目立たないでしょうか?
3番目の妻といっても、信繁の生存中は竹林院はずっと生きていますからね。


隆清院と信繁の間にも子が生まれています。五女のなほは出羽亀田藩の藩主である岩城宣隆に嫁ぎ、三代藩主岩城重隆を産んでいます。岩城重隆は城下町の整備や新田開発に力を入れた名君と言われています。なほは礼儀作法や書など、子には厳しく教育したようですが、岩城重隆が名君となれたのもなほの教育の賜物なのかもしれません。この素質も隆清院から受け継いだものでしょうか。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

真田昌幸は春日信達を調略したのか? [真田丸]

真田丸第8回「調略」は実にえげつない昌幸の調略が炸裂する回でした。
昌幸は弟の信尹を通じて上杉景勝に身を寄せ、海津城の守りを任されている春日信達に誘いの手を伸ばし、武田の旧臣としての誇りを思い出させて景勝から離反するように説きます。最終的に説得に応じた信達は北条に味方することになり、昌幸はこれを手土産に北条に下るのですが、信尹により信達は殺害され、信達が味方についたことにより有利となるはずだった北条側の計画が水の泡となり、結局北条は兵を引いてしまう……というストーリーになっていました。


これだと、周囲の大名が全て昌幸の思い通りに振り回されているように見えます。権力の真空地帯となった旧武田領で国衆の国を作ると昌幸は言っていましたが、実際、春日信達の調略に昌幸は関わっていたのでしょうか?丸島和洋さんの『真田四代と信繁』を見てみます。



この本の中では、真田昌幸が北条氏直に参陣した7月13日に春日信達の謀反が露見して殺されており、真田氏と小県の国衆が信達の寝返りを手土産として北条氏についたのかもしれないとあります。そして信達が貼り付けにされた直後に信尹は上杉を離れており、北条氏に味方した国衆の中では昌幸が先陣を命じられていることなどから、昌幸と信尹が連携して信達を寝返らせようとしたが、失敗したと見てよさそうだと解釈しています。『武徳編年集成』には信達を調略したのは昌幸だとも書かれています(ただし史料的価値は劣る)。


こうしたいきさつを見ても、どうやら信達を調略したのは昌幸と考えてよさそうです。春日信達は春日虎綱(高坂昌信)の子であり、昌幸にしてみれば同じ武田の家臣です。その縁から誘いの手を伸ばしていたということでしょう。


春日信達は武田滅亡後、一度は森長可に従っていますが、本能寺の変が起きると今度は一揆衆を率いて森長可と戦っています。真田丸では一途人物のように描かれていましたが、実際には昌幸同様かなり変わり身の早い人物であったようです。もちろんそうしなければ生き残れなかった時代の話であり、校生の価値観から責められるようなものではありません。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

真田丸、BSでの視聴率が4.5%をマーク [真田丸]

真田丸のBSでの視聴率が好調で、第5回目の放送では4.5%という数字を出しています。
BSではせいぜい大河ドラマは3%程度の数字なのだそうですが、これは異例の高い数字とのこと。
どうやら地上波での本放送を持ちきれない人たちが、BSで視聴しているようです。


これは私もそうしているのでよくわかります。今回の大河ドラマは時代考証の先生方の意見もかなり取り入れているようですし(国衆や騎馬衆と言った言葉など)、それでいて長澤まさみさんや木村佳乃さんの演技などは意図的に現代的にしてあり歴史に詳しくない人でも入りやすく配慮しているように思えます。ドラマの展開も早く飽きさせない工夫があり、昌幸の投げ込まれた混沌とした状況がこれからどうなるのかと興味が尽きないものがあります。


なお本放送に関しては以下のような数字となっています。


初回が19.9%
第2回が20.1%
第3回が18.3%
第4回が17.8%
第5回が19.0%


第2回では20%を超えていますがこれは3年ぶりの数字です。


もっとも、視聴率などそんなに気にすることかという気もします。視聴率と大河ドラマの内容は正比例していないと思いますし、風林火山が篤姫より劣っていたとは思えません。BSで視聴していて地上波を見ていない人もいるでしょうから、独眼竜政宗の頃とも単純に比較できません。


去年の「花燃ゆ」も視聴率を立て直すためにイケメンを投入しているだとかいろいろなことが言われていましたが、それを否定するわけではないですがやはりそれも骨太なシナリオがあってのことだと思うので、本筋を見誤まらないでほしいところです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

真田丸第1回「船出」あらすじや感想など [真田丸]




昨日は体調を崩していたので今日感想を書きます。


まずOPは格調高くて良い感じです。信繁の乗っている馬には面頬?のようなものが付いていますね。ああいうものは本当にあったんでしょうか。時代考証に黒田基樹・平山優・丸島和洋の三氏が出ているのも感慨深いです。そしてシブサワ・コウの文字。


木曽義昌が織田に寝返り、西ががら空きとなって武田が危機に陥るところからドラマはスタートします。コーエーのマップCGが状況を分りやすく説明しています。勝頼は甲府盆地に新府城を建設中で、ここに籠城して戦えばいいという者もいるのですがまだ新府城は完成していないため、昌幸はここでは守れないと考えていました。


昌幸は勝頼に対して、岩櫃城まで撤退してそこで守りを固める策を説きます。これに対して小山田信茂は岩殿城に移ることを説いています。真田は丈だけでは新参者だという話も出ていて、北条毛と手紙のやりとりをしている噂もあると言われていました。(これは事実ですが)


勝頼は夜一人お忍びで信之・信繁兄弟を訪れ、岩殿城へ向かうことにしたと告げに来ました。兄弟は困惑しますが、信繁は「信玄公はもうおられません。やはり岩櫃城へ退却しましょう」と言いますが、結局断られてしまいます。勝頼は真田家の人質をすべて返すことを約束し、その場を去りました。


岩殿城へ向かう途中、勝頼の兵は次々と脱走してその数を減らしていきます。小山田信茂は先に行って準備をすると言い、勝頼は後からゆっくり来るよう進言しますが信茂は部下の小山田重誠に木戸を閉じよと命じます。信茂はすでに織田に付いていたのです。重誠は木戸の上から勝頼に「ここを通すわけには参りません」と涙ながらに叫びます。勝頼はいきり立つ部下を制し、そのまま引き下がります。


一方、昌幸は息子二人と家族を連れて岩櫃城へ戻ろうとします。信之が楽な道中ではないだろうと予告していた通り落ち武者刈りにあってしまいますが、真田主従はどうにかこれを撃退したようです。ここで第1回は終了となりました。


今回何よりも印象に残ったのはまず、武田勝頼の魅力です。部下への思いやりもあり深い悲しみをたたえた勝頼を演じた平岳大さんの演技は、勝頼の印象をすっかり変えてしまったのではないでしょうか。そして真田昌幸のどうにも油断ならない感じも草刈正雄さんが非常に良く演じていたと思います。表向きは勝頼に忠節を尽くしながらも水面下では北条との交渉も開始し、すでに武田が滅びた後のことを考えているしたたかさが十分に描かれていました。


そして「騎馬衆」などの言葉に見られるように、時代考証がかなり正確であるように感じられます。見ていて違和感を感じる部分がほとんどありませんでした。武田が滅びそうになっているのに浅間山の噴火など笑える部分もあり深刻一辺倒にならない良さもあります。


時代考証の丸島さんのツイートからいくつか気になったところをメモ。

https://twitter.com/kazumaru_cf/status/686217337901420545

https://twitter.com/kazumaru_cf/status/686219407589154816

https://twitter.com/kazumaru_cf/status/686220827449139200
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

スタジオパーク大晦日スペシャル [真田丸]

今日は堺雅人さんと長澤まさみさんの出演でしたが、それほど多くの情報はありませんでしたね。
信繁については上杉景勝の人質時代に領地をもらっていたということくらいでしょうか。堺さんは人質とは言っても留学生のような立場だった、と話していました。徳川家康も今川家の人質時代に太原雪斎から学問を授けられており、それほど悪い待遇ではなかったようです。これは将来今川家の家老になる予定だったからということのようですが。


迫田孝也さんの春日山城のレポートなどもありましたが時間も短くこれといって新しい発見もありませんでしたが、このへんは来年の特別番組に期待でしょう。司会の方が大谷吉継を大谷秀次と行ってしまう場面がありましたが堺さんが人の名前がややこしいからとフォローを入れていました。


番組中では福井藩士の家に所蔵されていたという信繁の薙刀が出てきましたが、全く刃こぼれしておらず使った様子が見られませんでした。戦国武士でも薙刀を持っているんでしょうかね。一般的には薙刀が男性の武器だったのは鎌倉時代の話かと思っていましたが。


真田丸の映像も少し出ていましたが、信之役の大泉洋さんは今回は真面目な役どころのようで、信之は「武に長じた長男」と紹介されていました。


これ以上の情報は来年の歴史秘話ヒストリアやブラタモリあたりでしょうかね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
真田丸 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。