So-net無料ブログ作成
検索選択

真田昌幸は春日信達を調略したのか? [真田丸]

真田丸第8回「調略」は実にえげつない昌幸の調略が炸裂する回でした。
昌幸は弟の信尹を通じて上杉景勝に身を寄せ、海津城の守りを任されている春日信達に誘いの手を伸ばし、武田の旧臣としての誇りを思い出させて景勝から離反するように説きます。最終的に説得に応じた信達は北条に味方することになり、昌幸はこれを手土産に北条に下るのですが、信尹により信達は殺害され、信達が味方についたことにより有利となるはずだった北条側の計画が水の泡となり、結局北条は兵を引いてしまう……というストーリーになっていました。


これだと、周囲の大名が全て昌幸の思い通りに振り回されているように見えます。権力の真空地帯となった旧武田領で国衆の国を作ると昌幸は言っていましたが、実際、春日信達の調略に昌幸は関わっていたのでしょうか?丸島和洋さんの『真田四代と信繁』を見てみます。



この本の中では、真田昌幸が北条氏直に参陣した7月13日に春日信達の謀反が露見して殺されており、真田氏と小県の国衆が信達の寝返りを手土産として北条氏についたのかもしれないとあります。そして信達が貼り付けにされた直後に信尹は上杉を離れており、北条氏に味方した国衆の中では昌幸が先陣を命じられていることなどから、昌幸と信尹が連携して信達を寝返らせようとしたが、失敗したと見てよさそうだと解釈しています。『武徳編年集成』には信達を調略したのは昌幸だとも書かれています(ただし史料的価値は劣る)。


こうしたいきさつを見ても、どうやら信達を調略したのは昌幸と考えてよさそうです。春日信達は春日虎綱(高坂昌信)の子であり、昌幸にしてみれば同じ武田の家臣です。その縁から誘いの手を伸ばしていたということでしょう。


春日信達は武田滅亡後、一度は森長可に従っていますが、本能寺の変が起きると今度は一揆衆を率いて森長可と戦っています。真田丸では一途人物のように描かれていましたが、実際には昌幸同様かなり変わり身の早い人物であったようです。もちろんそうしなければ生き残れなかった時代の話であり、校生の価値観から責められるようなものではありません。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

戦姫絶唱シンフォギアの4期&5期が制作決定 [ニュース]

シンフォギアライブ2016が2月27日・28日の2日間にわたって行われましたが、このライブ会場でシンフォギアの4期・5期が制作されることが発表されました。


4期・5期が同時に発表されるのは珍しいと思いますが、分割2クールなのでしょうか?GXの終わり方から見て続編はあると思っていましたが、OVAか映画ではないかと思っていたのでこの発表は驚きです。ライブやCDの売上などが固いのでしょうか。このシリーズが始まった時にはここまで続くとは思っていませんでしたが……


4期と5期の放映予定などはまだ未定ですが、おそらく2017年以降でしょうね。キャロルの出番はさすがにもうないでしょうか。水瀬さんの歌が聞けるのがGXだけになるのは淋しいところですが仕方がありません。4期・5期ではどんな歌が聴けるのか楽しみなところです。


ライブのセットリストは以下の通りです。

M1 Exterminate (水樹奈々)
M2 星天ギャラクシィクロス (マリア×翼)
M3 不死鳥のフランメ (マリア×翼)
M4 SENSE OF DISTANCE (月読 調)
M5 Just Loving X-Edge (調×切歌)
M6 Edge works of Goddess ZABABA (調×切歌)
M7 ORBITAL BEAT (ver.ZABABA) (調×切歌)
M8 おきてがみ (暁 切歌)
M9 陽だまりメモリア (小日向未来)
M10 歪鏡・シェンショウジン (小日向未来)
M11 銀腕・アガートラーム (マリア・カデンツァヴナ・イヴ)
M12 純白イノセント (マリア・カデツァヴナ・イヴ)
M13 Rebirth-day (高垣彩陽)
M14 TRUST HEART (雪音クリス)
M15 繋いだ手だけが紡ぐもの (雪音クリス)
M16 放課後キーホルダー (雪音クリス)
M17 BAYONET CHARGE (翼×クリス)
M18 Beyond the BLADE (風鳴 翼)
M19 空へ… (風鳴 翼)
M20 Glorious Break (水樹奈々)
M21 殲琴・ダウルダブラ (キャロル・マールス・ディーンハイム)
M22 tomorrow (キャロル・マールス・ディーンハイム)
M23 リトルミラクル -Grip it tight- (立花 響)
M24 限界突破G-beat (立花 響)
M25 撃槍・ガングニール (立花 響)
M26 いつかの虹、花の想い出 (響×未来)
M27 始まりの歌(バベル) (響×翼×クリス×マリア×調×切歌)
EN1 RADIANT FORCE (響×翼×クリス)
EN2 「ありがとう」を唄いながら (マリア×調×切歌)
EN3 FIRST LOVE SONG (響×翼×クリス)
EN4 虹色のフリューゲル(響×翼×クリス×マリア×調×切歌)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

英雄たちの選択「真田昌幸 戦国サバイバル術~大勝負 第一次上田合戦」 [英雄たちの選択]

今日は第一次上田合戦の回でした。
真田昌幸は上杉→北条→徳川と属する勢力を次々と変えた後、最後には家康から沼田・吾妻の領地の引渡しを求められていましたが、これに昌幸は応じたくありません。この時点で何を選択するかが問題となりました。


この時点での選択は上杉家につくか、徳川について領地を引き渡すか、の二択です。これに関して中野信子さんと島田久仁彦さんは上杉につくという選択をしていました。島田さんは上杉について実質的には秀吉につくというオプションを取れば、豊臣家には譜代の家臣が少ないので大名になるチャンスがあっただろうと説いています。


一方、磯田道史さんと平山優さんは徳川につくという判断でした。磯田さんは兵力から考えて真田側に勝ち目はないと言い、平山さんはこの時点で上杉家は新発田重家の反乱と戦っており、さらに佐々成政にも対処しなければいけないという状況で、上杉についても援軍が来るかわからず、しかも一度上杉毛から離れているので受け入れてくれるかもわからない、と説明していました。


結局、家康が室賀正武を使って昌幸の暗殺を図ったこともあって昌幸は上杉家につくのですが、第一次上田合戦の勝因について平山さんは真田側には地の利があったこと、生き残るために必死で戦ったため士気が高かったこと、徳川方は絶対的な大将がいなかったため和が乱れやすかったことなどを解きました。磯田さんは昌幸は信玄の参謀として働いていた昌幸の有能さや徳川を上回る情報網を持っていたということを解き、「三方ヶ原で一度徳川を破っているのだから今回だって勝てる」と演説したのではないかと言っています。徳川方には旧武田武士もたくさんいて、誰がどう攻めて来るかをあらかじめ知っていたのではないかという説明もしていました。


結果はご存知のとおり真田の大勝利に終わり、徳川方は1300名ほどの損害を出す結果となりました。徳川方では石川数正の出奔という大事件が起こり、戦争の継続どころではなくなってしまい真田家は領土を保つことになりました。


さて、もし真田家が徳川についていたらどうなったのか?について、磯田さんは真田が徳川の味方なら秀忠軍の行軍を邪魔する勢力は存在せず、真田が徳川の先鋒となって戦うので関ヶ原の戦いはとても楽なものになっただろうと言います。平山さんはその場合真田家はあまり有名になることもなく、今ほど名を残すこともなかったのではないかと言っていました。確かにこの選択をした場合、信繁はせいぜい徳川家の一武将として多少の活躍をした程度で、歴史ファンが名前を知っている程度の人物となっていたでしょう。


今回特に印象に残っているのは、平山さんの「昌幸が次々と所属する勢力を変えているのが裏切りに見えるのは大国の論理であって、国衆からすれば自分を守ってくれない勢力から離れるのは当たり前の行動に過ぎない」という言葉です。これは小山田信茂や穴山梅雪の行動にも当てはまることです。彼らも昌幸も、あくまでその時点で最善と信じた行動をとったに過ぎません。昌幸の行動を見ていくことでこうした国衆の生き様がよくわかる、という点が真田家の歴史の面白いところです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

瀬川拓郎『アイヌ学入門』 [日本史]

序章 アイヌとはどのような人びとか(アイヌの人びととの出会い
アイヌの歴史を掘る ほか)
第1章 縄文―一万年の伝統を継ぐ(孤立するアイヌ語
縄文語との関係 ほか)
第2章 交易―沈黙交易とエスニシティ(武者姿のアイヌ
千島アイヌの奇妙な習俗 ほか)
第3章 伝説―古代ローマからアイヌへ(子どもだましの作り話
古代ローマとアイヌ伝説 ほか)
第4章 呪術―行進する人びとと陰陽道(アイヌの呪術と日本
ケガレと行進呪術 ほか)
第5章 疫病―アイヌの疱瘡神と蘇民将来(アイヌ文化の陰影
アイヌ蘇民将来 ほか)
第6章 祭祀―狩猟民と山の神の農耕儀礼(カムイと神
アイヌの祭祀と古代日本 ほか)
第7章 黄金―アイヌは黄金の民だったか(黄金を知らない黄金島の人びと
渡海する和人の金堀りたち ほか)
第8章 現代―アイヌとして生きる(Aさんへのインタビュー
アイヌの開拓団 ほか)


これは去年買った本なのですがまだレビューしていなかったので。


内容としては歴史の本というよりは民俗学の本、という分類になるかと思います。
それぞれの章のトピックはどれも興味深いものなのですが、
とりわけ2章の沈黙交易の話と3章のコロポックルの話、
そして7章のアイヌと金の話が興味深かったです。


コロポックルとはアイヌの小人伝説ですが、
これはもともと古代ローマから日本に伝わり、そしてアイヌに入って伝説となったもので、
神話伝承というものはここまで伝わるものかと驚かされます。
そして小人のモデルはじつは北千島アイヌのことであることも書かれています。


東北市に興味のある方にはぜひ7章は読んで欲しいところです。
これは奥州藤原氏がアイヌとも交流を持っていたという箇所で、
中尊寺金色堂の金になんと北海道の金が使われていた可能性がある、というのです。
北海道の厚真に奥州藤原氏が送り込んだ一団が存在し、
彼らは砂金の採取のために来ていた可能性があるのです。


実はこのことは斉藤利男『平泉 北方王国の夢』の中で読んでいたことですが、
平泉とアイヌとの交流については瀬川さんの見解を元に書かれたのかもしれません。
いずれにせよ、日本とアイヌとの交流についての貴重な記録ですので、
この点だけでもぜひ読んで欲しいところです。


そして8章の内容ですが、アイヌの女性へのインタビューとなっています。
この中で、子供の頃「あなたはアイヌなの?」と聞かれて戸惑っていたところ、
「そうだよね、あなたは頭がいいもんね」と言われたと答えています。
大人は彼女のことを「アイヌなのに頭がいい」と思っていたのですね。
裏返せば、アイヌは頭が悪いという偏見が存在していたということになります。
明治時代にアイヌが受けた差別や生活の苦難についても書かれているので、ここもぜひ読んで欲しいところです。



3月3日の英雄たちの選択に平山優さんが出演 [戦国時代]

3月3日の「英雄たちの選択」は「真田昌幸 戦国サバイバル術~大勝負 第一次上田合戦」です。
この回には真田丸の時代考証を担当している平山優さんも出演します。
平山さんは真田関連では「真田三代」「大いなる謎 真田一族」「真田信繁」「天正壬午の乱」などを上梓しており真田に関しては第一人者と言っても過言ではありません。2014年には「長篠合戦と武田勝頼」で話題を呼んだ平山さんが出演します。ぜひ見ましょう。


平山さんの著書としては「真田三代」と「大いなる謎 真田一族」を読んでいますが、この2冊では後者のほうが情報が新しいですが、真田氏の通史としては前者のほうが読みやすいです。後者では山本勘助が実在したことも書かれており、初代真田幸綱についても興味深い情報が多いです。


平山さんの著書はほかには「検証長篠合戦」と「山本勘助」とを読んでいます。「検証長篠合戦」は戦国史好きには興味深い話題の多い本ですがこれはやはり「長篠合戦と武田勝頼」とセットで読んでこその本だと思います。「山本勘助」は甲陽軍艦における山本勘助の姿を紹介したもので、勘助のモデルはイソップ物語だった可能性など、興味深い話題が多いので武田好きにはお勧めです。


真田一族の通史としては、今のところこちらも真田丸の時代考証担当の丸島和洋さんの「真田四代と信繁」が一番のお勧めです。新書の割には内容が濃くてあまり真田氏を知らない人から戦国時代に詳しい人まで、誰が読んでも得るところのある一冊と思います。何より真田家2代目の真田信綱について短いながら1章が割かれているのが類書にはない特徴で、真田信幸についてもきちんと書かれています。


丸島さんには「真田一族と家臣団の全て」もあります。こちらは人物ごとの紹介です。


真田丸、BSでの視聴率が4.5%をマーク [真田丸]

真田丸のBSでの視聴率が好調で、第5回目の放送では4.5%という数字を出しています。
BSではせいぜい大河ドラマは3%程度の数字なのだそうですが、これは異例の高い数字とのこと。
どうやら地上波での本放送を持ちきれない人たちが、BSで視聴しているようです。


これは私もそうしているのでよくわかります。今回の大河ドラマは時代考証の先生方の意見もかなり取り入れているようですし(国衆や騎馬衆と言った言葉など)、それでいて長澤まさみさんや木村佳乃さんの演技などは意図的に現代的にしてあり歴史に詳しくない人でも入りやすく配慮しているように思えます。ドラマの展開も早く飽きさせない工夫があり、昌幸の投げ込まれた混沌とした状況がこれからどうなるのかと興味が尽きないものがあります。


なお本放送に関しては以下のような数字となっています。


初回が19.9%
第2回が20.1%
第3回が18.3%
第4回が17.8%
第5回が19.0%


第2回では20%を超えていますがこれは3年ぶりの数字です。


もっとも、視聴率などそんなに気にすることかという気もします。視聴率と大河ドラマの内容は正比例していないと思いますし、風林火山が篤姫より劣っていたとは思えません。BSで視聴していて地上波を見ていない人もいるでしょうから、独眼竜政宗の頃とも単純に比較できません。


去年の「花燃ゆ」も視聴率を立て直すためにイケメンを投入しているだとかいろいろなことが言われていましたが、それを否定するわけではないですがやはりそれも骨太なシナリオがあってのことだと思うので、本筋を見誤まらないでほしいところです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

高嶋ちさ子さんが息子のゲーム機を破壊したことが話題に [ニュース]

高嶋ちさ子さんが、息子のゲーム機を壊したことが朝刊に載っていたことが話題となっています。
経緯は息子さんがゲームをしてはいけない時間にゲームをしたことが原因でゲーム機を壊され、
さらに弟もチェロの練習をしなかったことでやはり壊されてしまったのだとか。


そして翌週には算数のテストで100点が取れたので尾だんのように紹介されているのですが、
これはDVではないのかとツイッターでの援助を招いてしまいました。


何が正しい教育か?というのに答えは出ませんし、
実際ゲームにリソースを割かれるとそれだけ勉強はしなくなるので、
ゲームを禁止することは成績を上げる上ではある程度効果的でしょう。
ですが、壊してしまうのはどうなのでしょうか?
約束を破ったなら一定期間、ゲーム機をとり上げるなどのやり方もあるはずです。


ツイッターでは、
「将来介護が必要になった時に面倒を見てもらえないのではないか」
「高価なバイオリンを壊されたらどんな気持ちになるのか」
といった言葉が飛び交っていましたが、
おそらくそう言った言葉は高島さんには届かないように思います。


高島さんの生い立ちを見てみると、
知的障害者の姉をいじめから守るため、仕返しをしているうちに気が強く威圧的な性格になったようです。
つまり、物事を解決するために強圧的な態度に出る、というのが高島さんにとってのベストの方法なのでしょう。
同じ方法を息子さんに対して用いているということです。


この投書を載せてしまった東京新聞にも問題が大きいように思います。
息子さんのテストの点数が良くなったのはそのとおりでしょうが、
息子さんとしては高嶋さんが怖くて一生懸命勉強したのでしょう。
恐怖というものは人を動かす上では確かに効果的ではあります。
ですが、この当初を見た母親が、有名人がこうしているのだからと
同じ行為に出てしまうのではないかと心配になります。
やはりこれは美談にしてはいけない話ではないかと思います。
nice!(0) 
共通テーマ:芸能

真田丸第1回「船出」あらすじや感想など [真田丸]




昨日は体調を崩していたので今日感想を書きます。


まずOPは格調高くて良い感じです。信繁の乗っている馬には面頬?のようなものが付いていますね。ああいうものは本当にあったんでしょうか。時代考証に黒田基樹・平山優・丸島和洋の三氏が出ているのも感慨深いです。そしてシブサワ・コウの文字。


木曽義昌が織田に寝返り、西ががら空きとなって武田が危機に陥るところからドラマはスタートします。コーエーのマップCGが状況を分りやすく説明しています。勝頼は甲府盆地に新府城を建設中で、ここに籠城して戦えばいいという者もいるのですがまだ新府城は完成していないため、昌幸はここでは守れないと考えていました。


昌幸は勝頼に対して、岩櫃城まで撤退してそこで守りを固める策を説きます。これに対して小山田信茂は岩殿城に移ることを説いています。真田は丈だけでは新参者だという話も出ていて、北条毛と手紙のやりとりをしている噂もあると言われていました。(これは事実ですが)


勝頼は夜一人お忍びで信之・信繁兄弟を訪れ、岩殿城へ向かうことにしたと告げに来ました。兄弟は困惑しますが、信繁は「信玄公はもうおられません。やはり岩櫃城へ退却しましょう」と言いますが、結局断られてしまいます。勝頼は真田家の人質をすべて返すことを約束し、その場を去りました。


岩殿城へ向かう途中、勝頼の兵は次々と脱走してその数を減らしていきます。小山田信茂は先に行って準備をすると言い、勝頼は後からゆっくり来るよう進言しますが信茂は部下の小山田重誠に木戸を閉じよと命じます。信茂はすでに織田に付いていたのです。重誠は木戸の上から勝頼に「ここを通すわけには参りません」と涙ながらに叫びます。勝頼はいきり立つ部下を制し、そのまま引き下がります。


一方、昌幸は息子二人と家族を連れて岩櫃城へ戻ろうとします。信之が楽な道中ではないだろうと予告していた通り落ち武者刈りにあってしまいますが、真田主従はどうにかこれを撃退したようです。ここで第1回は終了となりました。


今回何よりも印象に残ったのはまず、武田勝頼の魅力です。部下への思いやりもあり深い悲しみをたたえた勝頼を演じた平岳大さんの演技は、勝頼の印象をすっかり変えてしまったのではないでしょうか。そして真田昌幸のどうにも油断ならない感じも草刈正雄さんが非常に良く演じていたと思います。表向きは勝頼に忠節を尽くしながらも水面下では北条との交渉も開始し、すでに武田が滅びた後のことを考えているしたたかさが十分に描かれていました。


そして「騎馬衆」などの言葉に見られるように、時代考証がかなり正確であるように感じられます。見ていて違和感を感じる部分がほとんどありませんでした。武田が滅びそうになっているのに浅間山の噴火など笑える部分もあり深刻一辺倒にならない良さもあります。


時代考証の丸島さんのツイートからいくつか気になったところをメモ。

https://twitter.com/kazumaru_cf/status/686217337901420545

https://twitter.com/kazumaru_cf/status/686219407589154816

https://twitter.com/kazumaru_cf/status/686220827449139200
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

英雄たちの選択「武田信玄から真田丸へ~城の密集地帯 川中島の秘密~」 [戦国時代]



今回は山城や信玄と謙信の戦略についての話でした。
選択は拠点を築くか謙信と和睦するか、という選択でしたが、和睦を選択した人たちは川中島以前に信長が桶狭間の戦いで義元を破ったのは信玄にとって絶好のチャンスだったと説き、ここで和睦して南進すれば天下も取れたのではないかという意見でした。


一方、拠点を築くという意見では(磯田さんもこの立場でしたが)、謙信が和睦に応じてくれるかどうかわからないし、将来今川や織田を攻めるとしてもまずは北の穀倉地帯を抑えてからのほうが有利なのではないかという意見でした。


結局信玄は海津城を築くわけですが、ここで使われた「丸馬出し」は当時最新の技術で、後に真田信繁が建設した真田丸もこの丸馬出しを改良したものだと千田さんは言っていました。


信玄と謙信の人物については、信玄は徹底したリアリストであるのに対し、謙信は戦争アーティストのようなところのある人で、妻女山に陣取ったのも信玄を誘い出して平地での正面決戦をやってみたかったのではないか?というのが磯田さんの見方でした。これは甲陽軍艦の記述を正しいとしたものですが、小和田哲男さんの意見は啄木鳥戦法などが実際に会ったわけではなく、霧の中での遭遇戦だったのではないかという見方でしたが。


4000人近い戦死者は戦国最大とも言われており、最大の技術を尽くして戦った戦いがごく狭い地域に限られるというところが面白いところだという話でしたが、個人的には謙信と争わずに南進していたらどうなったかは気になるところです。最もこれは後知恵になってしまうのですが。


池田光政が家臣を怒るところで甲州武士を例に出すことや、謙信側の記録では謙信の家臣が信玄に切りつけたことになっているなど、初めて知る内容も多い回でした。それにしても国境地帯に住む住民とは大変ですね。いつ戦争に巻き込まれるかわからず、両方の大名から年貢を取られるというのだから過酷です。戦国時代の殆どの戦争が国境をめぐる争いだったので、生きた心地もしなかったかもしれません。


中島さんは信玄が川中島の戦いに関わっていたのは33歳から40代前半くらいで前頭葉が最も活発化する時期に局地戦に終始していたのはもったいないといったことを話していましたが、そもそもこの時期の信玄に天下に打って出るという考えはあったのでしょうか?信長にも全国統一する意思があったかどうかはわからないとすら言われる昨今なので、このあたりも再考する必要があるのかもしれません。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

スタジオパーク大晦日スペシャル [真田丸]

今日は堺雅人さんと長澤まさみさんの出演でしたが、それほど多くの情報はありませんでしたね。
信繁については上杉景勝の人質時代に領地をもらっていたということくらいでしょうか。堺さんは人質とは言っても留学生のような立場だった、と話していました。徳川家康も今川家の人質時代に太原雪斎から学問を授けられており、それほど悪い待遇ではなかったようです。これは将来今川家の家老になる予定だったからということのようですが。


迫田孝也さんの春日山城のレポートなどもありましたが時間も短くこれといって新しい発見もありませんでしたが、このへんは来年の特別番組に期待でしょう。司会の方が大谷吉継を大谷秀次と行ってしまう場面がありましたが堺さんが人の名前がややこしいからとフォローを入れていました。


番組中では福井藩士の家に所蔵されていたという信繁の薙刀が出てきましたが、全く刃こぼれしておらず使った様子が見られませんでした。戦国武士でも薙刀を持っているんでしょうかね。一般的には薙刀が男性の武器だったのは鎌倉時代の話かと思っていましたが。


真田丸の映像も少し出ていましたが、信之役の大泉洋さんは今回は真面目な役どころのようで、信之は「武に長じた長男」と紹介されていました。


これ以上の情報は来年の歴史秘話ヒストリアやブラタモリあたりでしょうかね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。